ヨーロッパ周遊旅行~ベルギー・オランダ・ドイツ~ 4日目 ドイツ フランクフルト観光

ヨーロッパ周遊旅行~ベルギー・オランダ・ドイツ~ 4日目 ドイツ フランクフルト観光

ヨーロッパ周遊旅行4日目は、朝からオランダのアムステルダムからドイツのフランクフルトに電車で移動し、フランクフルトで1日を過ごしました。

アムステルダムからフランクフルトへ

朝早く起きて、アムステルダム駅からフランクフルトへ向かいます。
相変わらず駅の表札が読めず、どの路線に乗れば良いのか分からず、駅員っぽい人(工事の人が着るような黄色のジャケットを着ていました)に声をかけて、どの電車かを教えてもらいました。笑顔で対応してくださって、良い駅員さんで助かりました。

駅構内は、レンガ調の壁面がお洒落で、こういうところもアムステルダムっぽいなと感じました。

フランクフルト駅に到着

無事にフランクフルト駅に到着。
フランクフルトは、空港が近くにあるため、ドイツのターミナル駅として用いられているのですが、どうやら麻薬中毒者が多いらしく、観光ブックを見ると、「この路地は危険!」と書かれているので、ターミナル駅だからと言って、あまりウロチョロできないのが現状です。

昼のフランクフルト駅

フランクフルト駅を背に近場のホテルへ直行。
ホテルは簡素で、日本のビジネスホテルと変わらない造りでした。相変わらずユニットバスで、シャワーを浴びるとトイレまでびしょ濡れになるのですが、これはドイツのスタンダードなのかな…。毎度疑問に思います(笑)

レーマー広場

荷物をホテルに置き、平日のフランクフルトを散策。まずはレーマー広場に足を運びました。

平日だったためか、そこまで人は多くなかったです。広場では、昼間でしたが既にクリスマスマーケットが開かれていて、ベルギーと同様に美味しそうなフードや現地特有のアイテムが売られていました。

聖バルトロメウス大聖堂

レーマー広場を通り抜けると、その先には聖バルトロメウス大聖堂があります。

聖バルトロメウス大聖堂がどんなところかというと…私も知らないのでググりました(笑)
以下、引用です。

フランクフルトの旧市街レーマー広場の東側に、威風堂々とした赤褐色の「聖バルトロメウス大聖堂(St. Bartholomäus)」の塔が空高く聳えます。歴代の神聖ローマ皇帝の戴冠式が行われていたことから、通称「カイザードーム(Kaiserdom/皇帝の大聖堂)」とも呼ばれて、ドイツの歴史的にも重要な建造物として観光スポットとなっています。

「聖バルトロメウス大聖堂」フランクフルト旧市街に聳える大聖堂

説明の通り、中は赤褐色の綺麗な壁面で、かなり広い空間になっていました。

夜のクリスマスマーケット

散策していたら、あっという間に日が暮れてしまいました。
特に見たい場所もなかったので、広場のクリスマスマーケットを見て回りました。
やはり、夜のクリスマスマーケットは煌びやかで見ているだけでも楽しいですね ♪

最後に「アルテ・ブリュッケ」という橋からフランクフルトの夜景を見て帰りました。
綺麗な夜景なので、恋人と見るとロマンティックで良いですね!

アルテ・ブリュッケからの風景